推しと香水

 

色々書きたいことはあるのですが、それはまた今度にして推しの香水について書いてた下書き発見したので供養。

 

私自身は香りものが好きです。香水瓶も可愛いし、香りを付けかえることによって気分も変わるしいい気分転換にもなります。

それに同じ香りをつけてていたとしても体温や体臭やその日のコンディションによって若干変わってくるのでひとつとして同じ匂いを纏っている人ってないんじゃないのかな、とも思います。この匂いはあれだーーーー!ってぐらい主張の激しい香りもあるのは事実ですけれど、同じ系統の香りでも、トップからミドルまでの変化の仕方も本当に様々で、その中から、これっていうのが見つかると嬉しくて(笑)昔は本当に色々な香水を使っていました。

 

推しは香水をつけるタイプです。

あんまり変えるタイプじゃなくて、私が知る限り、ずっと同じ香水をつけています。良く舞台上でもつけていて、役柄によって香水を変えるタイプではないかな。(個人的には役によって香水変えてほしいんですけどね)(私が楽しいから)

 

あなたと同じ香水を

街の中で感じるとね

一瞬で体温蘇るから

ついて行きたくなっちゃうの 

 

KinKi Kids 「愛のかたまり」より

この歌詞最高だとおもう!!ドンピシャすぎる!!!体温蘇るというより、私は鳥肌立つというか、ピンとくるというか、あ!!!!ってきょろきょろする。推しの匂い!ってなる。犬か。

ちなみにこの歌詞の前に「心配性過ぎなあなたは電車の乗せるの嫌がる」ってあるんですけど、そのあとで香水同じなだけでついていきたくなっちゃうならそりゃいやがるよ!!!!ってなりました(この歌詞を男性が考えてるとか奇跡…)

 

だから推しの香水つけるとおそろいー!って気持ちでうれしくなるのと、推しと一緒にいるみたいー!って気分になります。

きもちわるいww

 

推しの香水はねーさっぱり系なんだけど、ほんのり甘くて女性もつけれるさわやか系!とってもすきです。

香りってほんとうにいいなーってふわってかおるだけで本当に思い出せるから。話した内容とかも思い出せる。

何かをきっかけに記憶が鮮明によみがえるって私の中ではよくあることなんですが、他の人はどうなんでしょう。

私は懐古ばっかりしています。むかしはよかったなー。