推し語②

推しくんのと出会って半年くらいは全く仕事がありませんでした。

月一回程度のネット番組くらい。たまに舞台観に行くと観劇に来ていたりして、「あ、お久しぶりですー」って話す程度。ずぶずぶずぶずぶはまるはずもなく、その後、舞台に出始めてきた最初の半年くらいは、なんかちょっと行っとかなきゃ感で通ってました(今思えば随分失礼な話ですね)

でも舞台をひとつひとつ重ねるうちに、変わるんです。色んなものが。演技も声も、表情も、そういうのが楽しかったなー。気づいたら大好きになっていました。

不器用なんだけど本当に真面目で努力家で、まっすぐ頑張ってる姿に惹かれていきました。

 

あともう一つ大きな要因は、優しくて。ほんとうに優しかった。

本当に本当に優しかったです。私にとっては(笑)

 

初めてあげたプレゼントを次の日につけてきてくれて、ありがとう、使ってるよ、って見せてくれたこと。

そのプレゼントを3年以上経った今でも使ってくれていること。

今でもあげたものは99%使ってくれていること。

プレゼントみえるようにして欲しいって手紙でワガママいったら、その通りにしてくれたこと笑

だってそう言われたからってそんな風に尊重してくれるなんて思ってなかったんです。

○○が欲しいっていえば、こっそりくれたこと。(これちょーだい!いいよ?って、それだけがただ嬉しかった)

誕生日プレゼントなにがいい?って聞いてくれたこと。(結果なにももらってないですけどね笑)

SNSでありがとうってプレゼントや手紙、お花を載せてくれることや、私だけに宛てたメッセージ、そう言ったある意味特別扱いのような、自尊心をくすぐられるようなことを俳優にしてもらったのは初めてに近くて、まるで麻薬のようでした。ほんと細かいことあげていけばきりがなくて。あーでもそれに甘えていたんだなあって今なら思うし、あっちはあっちで当然のように思ってるんだなあって感じることもあったりして、ファンと俳優の距離感が難しいです。

 

大好きでたまらない人が私のことを優遇してくれるだけで本当に良かったし、幸せを感じられました。

大袈裟だけど、生きててよかったって思えるくらいに。

 

なんだかんだ推しが今でも大好きです。 

同じくらいにだいっきらいです笑