読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クソ舞台

クソ舞台ってなんでクソ舞台なんでしょう。

ツイッターでも流れていましたが、1万円の福袋を買うのはためらうのに、行ってみないとわからない1万円の舞台のチケットは買ってしまうタイプのオタクなので、本当にクソ舞台に当たった時は死にたくなります。だいたい全日程分チケ持ってるし。

 

クソ舞台ってなんでクソ舞台なのかなあ、って思いました。

 

①キャスト問題

とにかく下手な人が私は嫌いです。でも実はそこまでハードルがたかくないという噂もあります。ある程度見られる演技していてくれたらそこまでつっこまないです。

でも例えばミュージカル、音外す人は気になる。耳に障るんですよね。あとセリフをしゃべっていて語尾が消える人、はっきり発音できない人、もごもご口でしゃべっている人、うーん、ってなります。客席に伝える気が無いのかな。悲しくなる。あと立ち姿が猫背だったりそういう人も嫌いです。そういう役ならいいんだけれど、そうじゃなくてね。なんだかなー。最後のカテコで礼が汚い人とかね。立ち姿含め何もしていない時の演技ができないと何もできないのでは?と思ってしまう

初舞台でもしっかりレッスンしてきて望む人もいれば、本当に素人のままで稽古に参加してしまう人もいますよね。事務所しっかりしてくれ。あとキャスティングしてる人、こっちの身にもなってください。自分の好みの顔の女の子ヒロインにする人いるけど責任とって見られるレベルにしてよってなります

まあそれよりもキャスト同士の慣れ合いとかにじみ出る性格面でイライラすることも少なくないんだけれどまあそれはクソ舞台というよりその人たち本人の印象なんで割愛。でも少なからず影響しないことはないのかな。

 

②箱問題

某A○iAさんは良く問題にされてますけど外の音入ってくる劇場とか論外だと思います。ヨサコイに演説にそんなのききたくないでしょ気付いてよ、だめだってこと。

それだけじゃなくて音響が本当に悪いところもあるし、演出に対してキャパひろすぎだろ、とか逆にこの劇場せますぎでしょ、っていう舞台もある。劇場は舞台を作る大切なパーツのひとつなので、妥協しないでほしい。それか精一杯やってほしい。

でもまあこれのせいでクソ舞台決定、という事にはならないと思う。付加価値?的な存在?でも重要だよね。

 

③制作問題(スタッフ問題)

クソ舞台製造してしまう制作は確かに存在します。なぜだろう。でもこのクソ制作むり!でも作ってる舞台は好きだ!みたいな場合も確かに存在する。矛盾。制作はもういろんなところでクソだな、ってところあるとおもうんですが(某Tのようにプロデューサーしゃしゃるところとか、某幸福なとこだったり2.5ばっかりやってるちっちゃい制作が存在しない座席を作ったり、告知していた舞台を途中頓挫させたり、それに関して関係者がきいてないよ!!て騒いでいたり。また某社さんはDVD前金にしててつぶれてにげた?とかありましたよね)ほんと推しがひどい制作につかまらないことを祈ります。割とつかまってます。最悪じゃないけどまあまあひどい。あと個人的にチケットもぎりがとろい人イライラします。ばりってきってよ!!!遅いよ!!!

 

④脚本・演出問題

脚本つまらないとほんとにつまらないよね。でも脚本つまらなくても演出が良かったら感動することもあるよね逆もしかり。あとクソダサいとかありません?無駄な昭和感。(昭和を批判してるつもりはないけどさ)もう完全にただの悪口だけど。この演出この箱でやったらおかしくなるってどうして気づかないんだろう、とかね。無駄に客降りしたら喜ぶんだろうっていう演出も好きじゃない。意味があればいいけれど。ライブでペンラ振ってきゃーーーってやるよりも、しっかりとしたストーリーで何か胸に突き刺さるものが欲しいです。ファンサ好きだよ?めっちゃ好きだけどね。

 

 

だいたいお金を掛けたらそれなりのできるって信じてる方ではあるんですけど、まあ一概にも言えないなあと思います。 

単純に好みの問題もあるよね。でもそれなりのお金とってるんだからそれなりのものを見せてほしいと思ってしまう。贅沢なことなのかなあ。無駄に舞台を乱立するのではなく、質のいいものが見たいです。推しがいれば何でも見るんだけれどね。