きっかけ

何事にもきっかけはあって、私が推しを好きになったことも、もう無理かなって思ってることもそれなりに理由があるんだと思います。

 

とあるきっかけで好きになった私はとある舞台が引き金で好きが保てなくなりました

 

関係者なんてなんも私には関係ないと思ってた時期が私にもありました。

舞台に出てる推しがかっこよくて、きらきらしてて、男らしくてやさしくて、手が届きようもないくらい眩しい存在で、そう思ってます。今でも、信じてる。

だからおたくなんて俳優と自分の関係で完結していて、なんなら自分の世界だけで終わると思っていました。

でも実際は違いました。

推して4,5年目になっていまさらなんだよ、って言われそうだけど、自分だけの世界じゃなかった。推しを取り巻く環境、同担、関係者、キャスト、マネージャー、事務所、制作etc.そういったもの全部が否応が無しに私に関わってきた。

 

最初は気にならないくらい推しが好きだってきもちだけですべてを許せたのに、年々日に日に耐え切れなくなってきていました。

決定打は直近の舞台でした。辛かった。本当につらかった。何のために舞台に通っているのかわからなくなった。必要とされたい。舞台をみたい。演技を見たい。好きなひとに会いたい。ただそれだけだったのに全部否定されたような気になりました。どうせなら某りさ子のガチ恋うんちゃらとか出て打ちのめされてとかだったらまだなんか説明しやすかったんだろうけど、全然関係も何もない舞台だったのでなにが起こるか人生わからないものです。

こんなたった一つのきっかけで(まあ積み重なったものは確かにあるんだけど)世界はこんなにかわってしまうんだなーって。

私が飛び込んだきっかけも些細なことだったのかもしれないなーって思いました。

 

確かに「ありがとう」たった一つの言葉がきっかけだったから、私って結構単純です(笑)

 

もういらない!って推しなんていらないー!さよなら!!って割り切れたらいいんだけれど、そんな簡単に割り切れるはずもないので、距離を置いて眺めていようと思います。茶の間のままがよかったなあ。そしたらもう少し寿命長かったのかも。

そんなことないかな。私なりに全力で追いかけてたから、今までこれたのかなー。

少しは役に立てましたか????こんな風に思うのもおこがましいかな

 

いよいよ

まじで、おたく降りかけてるのではないでしょうか。

あんなに四六時中考えてた推しの事を考えていません(考えてるのもきもいけどね)あーちけとりどうしよう、プレ買わなきゃ、てがみー、あ!イベント(舞台)近いからネイルー!お花の準備したっけ?とかなんとかいろいろいろいろ。その人のことをずっと考えているというよりは、その人中心で生活してきたのに、最近そうじゃなくなっちゃった(笑)

だったら何って言われそうだけど、仕事だったり友達だったりそんな普通のこと考えてます。

あーヨガ通おう!とかいきなり思い立ったり、しばらくつくってなかったなーってすきなごはんちゃんとつくったり(手抜きが多かったもので)

のんびり映画みたり、本読んだり。ふと思い出して数年ぶりに友達と会って近況を聞いたり。

推しがいなくても、なんとなく幸せです(笑)

 

 心が凄く軽くなったかわりに、ちょっとさみしくはなりました(笑)

さいきん

自分が無理をしているな、って感じます。

 

ところで私は占いをあんまり信じる方ではないんですが、たまたま見た占いが当たりすぎていてなんかもう、衝撃。たまにあるよね、こういう事。

占いいわく、好きなものが本当に好きなのか分からなくなる時期だそうです(笑)

 

好きなものが好きかわからなくなってるわけではないよ。普通に好きです。今でも推しのことが好きです。舞台が好きです。きらびやかな世界が好きです。私を非日常に連れて行ってくれるあの空間が大好きです。

 

でも、私のやってることに意味があるの変わらなくなってきました。

本当は答えは決まっていて、私がやりたいなら、意味があるんです。好きだから、会いたいから、それだけで意味がある。

でも好きだけど、会いたくない、この場合は意味があるのかな。

通う事もお花もプレゼントも手紙も全部全部自己満足って分かっていてそれでも「推しのために」ってそう思い込んできて。たぶんね、そう思わないと自分が壊れちゃうのかも。誰かの為にっていう自己犠牲。自分の為っていうとなんかエゴイスティックな感じするけど、推しの為って言うと許される気がする。多分そうやって免罪符のように、推しの為、推しの為、って言ってきた。自分の心に嘘つくためなのかなー。推しの為だから仕方ないっていろんなことに目を背けてきた気がします。自分がやりたくないこととか、そういうものに。

推しの為だから頑張れるってそう思えてきたこともあるし、感謝もしてる。結局依存してるのは自分です。そんなの最初から分かっていたことです。

 

ありがとうって一言言われたくて。必要とされてるっておもいたくて、ただそれだけだったのかも。お金と時間を渡すことで、自己肯定欲を満たしてもらっていたのかも。

でもどちらも限界があるよね、きっと。

あっちももう嫌だって思う事もあるだろうし、私ももう嫌だって誤魔化してきたし、ずっとそんな感じ。

 

どうせ好かれることはないとも思ってきたし、でも嫌われたくはないとも思ってる。言いたい事我慢してきた。でも言ってしまったこともある。傷ついたこともあるし、傷つけたんだろうなってこともあるし。でもお互いそのことを言わない。私は時々伝えちゃうけど、あっちは言わない。選ぶ。それは私がお客様だから。ファンだから。知ってるけどその距離感が寂しいなーとは思う。

いつから会いに行くことに義務感を覚えてしまったんだろう。

舞台を見ることに義務感を覚えてしまったんだろう。

観たくないのに観に行くことを自分に強制しているんだろう。

推しが好きだから私も好きにならなければいけないなんてそんなわけないのにね。

私はいつもそこに引け目を感じてしまう。

ブログやツイッターや直接言葉で肯定的な言葉を聞くたびに、自分はそんな風に思っていないのに肯定しなければいけない気がしてそれがいつもいつも辛かったです。

私は私の考えを持っていて、それを捨ててまで相手に同調しなければいけないってどこか思ってた。多分今でも思ってる。思ってる。捨てきれない。捨てたら楽になるのにな。

例えばカーテンコール。最前列の真ん中に座っている。周りのお客さんはスタンディングオベーションでキャストを迎えている。私は立ちたくない。だってこの舞台にそんな価値が見いだせなかったから。でも、立たないといけない。だから無理やりたつ。最高の賛辞を伝えたいなんて微塵も思っていないのに。私は立ってしまう。

その矛盾にいつも心が痛い。私は違うのにっていつも思ってる。きりきりきりきりいたい。自分の思ってることと反することをしてしまってることが辛い。

 

少しお休みしたら全部行かなきゃいけないとかそんな風に思わなくて済むかな。何時からこんな考えになってしまったんだろう。

戻りたいなあ。

 

 

 

チケット戦争に負けた(再)

ひっさびさに負けました。完全なる読み間違え。

まあ大体取り過ぎる傾向にある中で、最近お金ないなーって感じだったのもあって、かけた数が1公演に対して1〜2垢くらいだったんですね。

全落ちした。

びっくりした。そんな落ちる!?!?落ちるの!?!?ってなりました。

時々やるよねえ、こういうの。

今回の舞台は全通する予定だったので0からのスタートです。

びっくり。自分にびっくり。 思わず推しにも全部落ちたよチケット取れないよ!!って報告してました。

いつもと逆だねってなりました。なにしてんだか。 まあそんなこと言っても本番始まる頃には全公演分入手してるんだと思う思います。

そんなもんだよね、知ってる。

ちょっと気合が足りないのかもしれない。

次は負けないぞーたぶん

 

 

って書いていたんですが、無事全公演手にしました。方法は色々。積んだり、交換したり、譲ってもらったり。

まだチケット動くかな。久々にチケットに関して動いた気がします。あーおかねないよーーー毎月クレカ代きっついよ。ほんとにもう。収入もう少し増えないかな…

貯金もう少し増やしたいのに目減りしていくばかりです。私の人生設計大丈夫か。40まで独身だとしたら本当に色々考えることがあるよね。気を付けよう。結婚したいなー1回くらいできるかなーーー

タイトルって難しい

 

タイトルってつけるの難しい。

漠然と書きたいことがあるので忘れないようにつらつらと書きとめておきます。

そういう意味でのめもろぐだったりします。

 

舞台で知り合った友達と連絡をとる中で推しとの話がよく出てきます

当たり前だけど(笑)

基本いつだって推しの話かおたくの話か推しの話か俳優の話か業界の話

 

私の周りは(これは断言したいくらいなんだけど)

だいたいお金の使い方間違ってます。

何を持って太客だったりTOって呼べばいいのかわからないけれど、お金と時間の使い方を間違っているけれど、一生懸命にファンをしています。

同じ写真を何十セットも買ったり、同じ公演を何度も何度も観たり、あまつさえ前方席を積んだり、プレゼントを毎公演貢いでみたり。

 

通って貢いで時間とお金を最大限使う。

 

たぶん、

そうしないと不安だから。

最初と同じことをしてきても(ただ舞台をみて手紙を書くだけ、とかちっちゃなプレゼントをする、とかそれがどんどんエスカレートしていって、どんどん金額も大きくなって)相手も自分もそれがセオリーになってしまえば、それ以下のことができなくなる。

もうやめなきゃって思うのに、やらなくなったら他の人に自分の立ち位置を奪われないか不安でたまらなくなる。(この立ち位置っていうのも曖昧なもので、実際にはあってないようなものだと思います)

だからどんどん時間とお金を使う。それしかなくなる。じぶんがくるしくなる。

苦しくなっても続ける。好きだから。

もう無理って破綻するその日まで

好きじゃなくなるその日まで

たぶんずーっとずーっと

 

なんでみんな1、2年で推しから離れられるのかわかりません。

あんなに好きって言ってたのに、気付いたら好きって言わなくなってる。なんで?なんで???なんで好きじゃなくなるの???

私も好きじゃなくなったら楽なのになーって思います

 

時には推しに気持ちをぶつけてしまって困らせてしまう時もあるんだけど

それでも好きなんだよねーー結局のところは好きで落ち着いてしまうー。

 

なんで私がお金を使うのか、時間を使うのか推しはわかってくれてるのかなー

つなぎ留めておくすべがそれしかないからなんだけれど。

私が好きっていうのをやめてしまえば終わってしまうんです。それって凄く寂しいことだと思う。でも仕方がないんですけど。

 

お金で関係を保っているって思いこんでいるのは実はただのエゴで、執着でしかないんですが、この記事を読んでる人には伝わるんでしょうか。

こんなことに縋ってしまうある意味一線を越えてしまった応援の仕方をしている私の考えや思いを少しは理解して頂けるんでしょうか。

ファンの中で私だけの特別が欲しい。私だけの立ち位置が欲しい。何かしら関わりが欲しい。何でもいいから約束が欲しい。(あー後者は推しAからは一応もらってるけどあのひと適当だからもう忘れてると思う)

 

そんな思いがぐーるぐる。

 

 

 

 

私の推しは

お題「あなたの推しはどこから?私は○○から」

 

なんとなーくやってみます。

でもおわかりのとおり、私推しの名前を出すつもりはないので伏せっ伏せです。これで分かった人はないしょにしてね

 

俳優さんの名前は?

AさんとBさんです(笑)

 

その俳優さんを好きになってどのぐらい経った?

Aさんを認識したのが2007年くらいで、舞台に通い始めたのは2013年からです。全然新規です(笑)もうすぐ5年目になります。

Bさんを認識したのが2012年くらいで、舞台に通い始めたのは2013年からです。こちらも新規です(笑)

 

前にも書きましたが、今はBが1番優先したい人かな。Aさんはいつも優しいです。

 

どういったきっかけで好きになった?初めて知ったのは?

Aさんは某スポーツ舞台から。かっこいい!ってなった。私はそのころジャニーズをメインでおたくをしていて、友人の影響で色々な物をかじっていたんですが、そのころ出会ったひとりがAさんでした。地方住みだったこともあって、ずっとブログを見たり、DVDを見たり、追ってるわけでもなくて、ただの茶の間でした。でもこれだけは言える。今でも昔も変わらず顔が好きです!!!!!!顔!!ホントに顔!!第一に顔!!!!次にほんっとうに優しいところ。リップサービスでもなんでも構わない。優しいところが好き(笑)

 

Bさんは某映像番組で知りました。でも本当に「へー」ってくらいで。ところどころ目にするようになって、たまたま行っていた舞台に出ていて、すん、って落ちました(笑)

でも最初はこの人ちょうすき!!!!!!!!!とかじゃなくてw顔も好みじゃないし、演技も微妙だし、特に何もなかったんですけど、ずるずるずるずる好きになっていました。何がどう好きかわからない人です。いや、好きなんだけど、何が好き!って言えないの。なんだろう。全部好きだけど、そうじゃなくて。なにがすきなんだろう(笑)

 

好きな作品とオススメの作品を教えて!

割愛。個人的にはミュージカルが好きです(笑)

でもストレートでも素敵な作品でてたなあ。だいたい映像化されないんですけどなんでしょうね。お気に入りの舞台大半がされてないです。

 

どんなところが好きなの?

上にも書きましたが、Aさんは1に。かっこいい。ほんと好き。演技は実はあんまり好きじゃないです。嫌いでもないんだけど。歌はうまいけど、好みなのか?と言われると困る(笑)でも感情豊かに歌い上げて下さるので、そういうところは本当にうまくなったなーっておもいます(うえからめせんでごめんなさい) ダンスはすっごいすき。踊ってる姿すき。あと接触はほんとに優しいです。神かなって思う。びっくりするよ。私のおじいちゃんかなって思うときある(?)

Bさんなにが好きっていわれると困るんですよねー。外見からいうなら、スタイルかなー。スタイル好きです。スラーッとしていて綺麗。意外としっかりしてる。厚みある。ほそっこくてひょろひょろーって最初の頃は思っていたんですが、こんなに大人になってたんだ...ってお母さんみたいなことを最近思いました。笑い方可愛いです。喋り方も。人の事を尊重できる優しい面もあるんだけど、芯の強さも感じてます。そういうところ好ましいなーって思う。努力家で真面目で優しい。演技は微妙(笑)歌は今もうまいんだけれど今後が本当に楽しみ。ダンスも。伸びしろがたくさんある役者さんです。

 

応援してて良かったって思う時はある?

単純なんですけどAさんが良く言ってくれる「いつもありがとー」が大好きです(笑)幸せになれる。あと大きな舞台に立ってる姿を見ているときは本当に本当に新規なんだけども、応援しててよかったーって思います。舞台上で沢山返してくれる人。

Bさんは、時々魔法の言葉をくれます。本人はどう思っているのかもしれないけれど、それってすごく絶大な効果を発揮して、応援しててよかった、これからも頑張ろう、って気になれるんです。大好き。あとやっぱり舞台で演技してる姿を見ているときは本当に幸せです。ミュージカルでソロがあるときも。いつも泣いちゃう(笑)

 

好きな俳優さんにどんな役をやってもらいたい?

ふたりとも悪役やるような感じではないので、悪役やってほしいですねー。マフィアのボスとか?やくざの組長?若頭?わかんないけど悪役見たいー!w

 

推し以外に好きな俳優(純粋に気になる、気が向いたら追ってる程度でOK)はいる?

ダンサーさんやアンサンブルの人でたまに舞台行く人はいるかなー、って感じですね。

あ、藤田玲さん好きです(笑)たまにツイッターでながれてくるとかっこいいなーって思ってみてる。推さないですw

 

あなたにとっての推しとは

私にとって大切な人。お金で時間を買える人。お金を出していいって思える人。私を悩ませる人。大好きな人。近くて遠い人。

 

最後にその俳優さんのことを軽くプレゼン

どっちもとっても素敵な人です。誰かわかったら、こっそり舞台のぞいてみて下さい。きっとすきになりますから(笑)

 

 

 

 

 

 

もし

「もし時を戻せるなら 君のために変わるから」

 

この歌詞読んでピン、ときた人は相当好きですねー。私も好きでした。シリーズ途中まで楽しんでいました。気付いたら、疎遠になっていましたが。

 

最近仕事が暇すぎて(仕事してますよ一応)ネットの海をぷらーっとしていたらみつけたこの記事でした。

アリとキリギリスだったりこの本のことではなくて、この記事にあった一文が気になりました

 

ddnavi.com

 

“好きなこと最優先”、裏には“いつか必ず越えられない冬はやってくる。そのときあなたは、どうしますか…?”

 

 

どうする!?どうしようね?!

俳優オタクにとって超えられない冬というのは一体何でしょうか?

 

結婚?(推しも自分も)

金銭的な問題?(多分同じ年齢の平均的な貯蓄率より低いと思う。大きな病気したらどうしようか)

推しが引退?

仕事の都合?(海外赴任とかありえる仕事してます)

 

 

おたくって一生続けられる趣味だけど、

俳優のおっかけってどうなんでしょう。どこから始まりで、どこまでが終わりなの?

なにをしたらゴール?

最近それが分からなくて辛いです。

好きだから観に行く!そんな単純な欲求から始まった趣味なのに、なんでこんなに頭を悩ませるんだろうか。

私はこのままずーっとおっかけしてていいのかな。誰かに良いって言って欲しいのかなーそれとも早くやめなよって言って欲しいのかな。(どっちも友達によく言われる言葉だけど)

 

どこまでいったら私は満足するの?

 

 

 

 

 もし時をもどせるのなら、私は舞台で推しに出会う事、躊躇するのかもしれないです。

 

 

 

今を後悔しているわけではないけどね