近況(4月)

■近況1

新年度が始まりました。まだこの記事上げるかどうかも迷っています。そんな感じです。1月に更新したきりになっていたのは色々理由があって、一言で言ってしまえば「推しを降りたから」です。

 

■推しと私の懐古話

このはてブロで推し降りする話を書くのは二度目なのですが、正直こんなに早く推しから降りると思いませんでした。2013年から推してきて約6年。本当に毎日楽しい日々でした。いや辛いこともたくさんあったし悩んだし病んだし、ただただ楽しいとは言えなかったかもしれないけれど、出会わなかったら、推さなかったら知らないことばかりだったとおもうので、そう考えると楽しい毎日だった!と総括するのが正しいのかな、と思います。

ここからちょっと懐古話です。推しとの出会いは前推しと関係していて、とある舞台をきっかけに、この人好き!と一目ぼれ?しました。彼に直接、「推すね!」って言ったことも覚えています。推すってなに?って聞いてきたことも。まだなにも知らなかったできたてほやほやの俳優くんでした

私自他ともに認める良席厨ではあるんですが(といっても最前しか座る席がない!と思うタイプでもなく、まあそこそこ前ならいいかな。公演期間中1回は最前入りたいなーくらい)、公演のカテコで目があって、笑顔でうんって頷いてくれて、ありがとうって口パクしてくれて。そういうのをちゃんとしてくれる人でした。(こういうことちゃんとするからやっぱ前座りてえってなるんだよね。わかる)

嬉しかったです。ありがとう。私の方こそありがとう。今まで本当にありがとう。

 

何度も書いていますが、私にとって推すということは、私の時間とお金を精一杯使って応援する代わりに、対価をもらうことです。精一杯使わないのなら、それは違うんです。変な義務感や責任感が伴うのはこのせいで、でもしなきゃいけないって思ってしまう。自分で自分の首をしめているんですが、こういう推し方しかできないから仕方ないですね。もっとゆるく推せたら良かったんですが、ゆるく推すってどうするんだっけとなってしまっています。

年数を重ねる度に自分で自分の首を締めてきたと思います。

公演の回数やプレゼントの数や額、花の大きさ、座席の位置。本当に色々。自分が一番最良なことをしたかった。あくまで自分の中でいちばんのことを。ものを。

1回全通してしまうと全通以下が難しくなります。せめて全日、と。一度ハイブランドをあげると、次もハイブランドをあげなきゃ。そんな気持ちになる。どんどんエスカレートしていく。結果自分との戦いだったなあ。

でもどれもこれも楽しいものでしかなかったです。本当に本当にありがとう。

あなたがいてくれたから私はここまでこれたし、ここまで必死になれました。あなたがいなかったら始まらなかった。こんなに幸せな気持ちも悲しい気持ちも何も知らないままだった。 

出会えたことが奇跡だと思っています。ここまでこれたことも。

 

あまりにも自分の中で整理がつかなくてこのエントリーを書くまでに時間を要しました(笑)前にも書いた通り、好きでいる為に降りるというのが正しいのかもしれないです。このまま嫌いになりたくはないから一度終わりにさせてください。

 

一歩引いてよくわかったことがあって、私が嫌う前にあっちが私の事を嫌いになったんだろうなと思います。お互い子どもだよね(笑)

必死になることって決して美しくはないのかもしれません。いや、必死になっていいんだけれど、死に物狂いの様を見せてしまうのは美しくないなあと。私は綺麗な応援の仕方が出来なかったんだと思いました。執着と嫉妬と妬みと嫉みと、そんなものに雁字搦めにされていました。ほんとうばかみたいだった。すきってきもちだけだったらよかったのに。なんでそれだけじゃダメなんだろう。

欲張りになっていく自分が恐ろしかったです。人間って怖い。女って怖い。

相手も私も人間だけど、あっちは俳優でこっちはファンで。

あーもう。本当にやだね。もう二度と、俳優を「推す」行為をしたくないなあ。

気軽にファンでいたいです。

推しという存在は私はこれっきりにしたいです。

たまに行って、たまに楽しみを貰って、そういう方が健全かな。もしかしたらまたこの人だっていう存在が見つかるかもしれないけれど、でももう今回みたいな間違いはしたくないな。

 

■降りた推しの舞台を観た話

ということで降りてから初めて元推しの舞台を観ました。結論としては、「うわーーーきまず」が最初に来たんですけど、推しばかりみる!!でもなく普通に色々な人を見て舞台として楽しい楽しくない良い悪いどこが好き嫌い~を考えてみていました。結論としては嫌いじゃないけど複数回見たい舞台ではないな。という感じ。

結局2.5次元が好きじゃないんですよね。知ってる。

それにしてもカテコであんなに気まずい顔されるとは思ってなかったなー笑

なに?なんか私わるいことした?まあ私も気まずいし、お互い様か。

 

 ■近況2

最近はいろいろな舞台にお邪魔しています。

友達の推しの舞台だったり、単純に見たい舞台だったり。気楽。もともと気は多いほうなので、すきだなーっていう俳優さんの舞台見たりね。

気楽に楽しめるので本当に心が楽です。

私の楽しみをくれる舞台という存在に感謝。本当楽しい娯楽だよね!お金かかるけど!

 

 

そんな感じで私のガチ勢生活は7年目にして終了を迎えたというお話(前の推しとか含めてもガチで俳優追っかけてたのはこれくらいかな)

ブログの更新は多分もうそんなにしません。たまーにするかな。笑

ここまでお付き合い頂き、ありがとうございました。

2019

■新年

何だかんだしてたら気付いたら年が明けていました。

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

2019年実はもう観劇始めはしまして、年始早々楽しい舞台に出会えてとても幸せでした。

まだ公演が続くので本当は何度か行きたいところなのですが、推しの舞台も考えると行けず…

悔しい…

 

良い舞台は沢山ありますが(クソ舞台も同様に)好みの舞台となるとなかなか少ないわけで、出来るだけそういう舞台に出会ったら、時間とお金を惜しまずに観に行きたいと思うのも舞台好きの性なのかな。

兎にも角にも幸せいっぱいです(推し関係ないけど)(好みの役者さんと出会ってしまいましたが、推しになるかは微妙です)

 

 

■推す行為

人のことは好きになるのは早いので、好き!って沸いていることはよくあるのですが、推すのと好きなのはまた違うわけで自分の中の線引きが最近難しい。好きだけど推すのは違うなって人ももちろんいるんです。でも一度推しって思ってしまうと、降りるって思ってもまだこの人は特別という思いももちろんあって。ずっと2Dしてきて、単推しにするって決めたときも何だろう、正直自分の気持ちに一区切りつけたかったからそう宣言しただけで、実はやっていることが推してますー!って言ってるときとおります!って宣言した後とそんなに変わらないのかもしれなくて。

ただ義務感のように出るなら買わなくちゃ、行かなくちゃっていうのが無くなったかなと思います。

推すという行為は決して強制されるべきことではないはずなのに、私の中では義務感が伴うんですよね。それで自分で自分を苦しめてしまう。

私は○○しなければいけないって思いこんでしまう。だからいろんな人が出来ている、自分の空いている時間に行こう、今月は苦しいから減らそう、そういうのが出来なくなって自滅しそうになる。自滅したくないから、私は降りますって宣言するのかもしれないなって思いました。

推しのことずっと好きでいたいから、熱量は変わっても、好きって気持ちでいたいから一旦降りる。ファンとしてはだめなのかもしれないけれど、ただ逃げてるだけなのかもしれないけれど、そんな風にお正月休みの間考えていました。

推すことがファンの義務だからやらなければいけないことがたくさんあるってそんな風に考えるのはおこがましいけれど、多分私の中では一番近い言葉な気がする。

 

実際に降りてなにが変わる?って言うと、推し名義でチケット全公演揃えて、でもやっぱり自分が座りたくない席が来たら余ってでもいいから交換や譲渡でどうにかして、余ってしまったら友達招待して。なんかそういうことが無くなります笑 大量発券もうしなくていいよね、本当に。行きたいなって思ったら先行で1枚だけ、もしくは譲渡見つけて行ってみる。当日券を買う。それくらいの緩さが少し欲しい。

全部の公演緩くなるわけじゃなくて、これ!って思ったのは今まで通りでいいと思うんですけれど、全部が全部100%の力を出すと疲れちゃうわけで。そこらへんの緩急をうまくつけられる年にしたいなと思います。

 

■目標

 

推し活面では

・力を抜くところは抜くこと(無理を押し通すばかりではダメ)

・長く好きでいるための努力をする

・好きな舞台を観に行く

・同担監視するの止める(ツイッターとか思わず見ちゃうから見るのやめよう)

 

私生活では

・知識を増やす(特にお金関係についてもう少し知りたいなー)

・上のと近いけれど本を読む。

・資格増やす。

・規則正しい生活。

 

 

今年も楽しい一年になりますように。

宜しくお願い致します。

思った事

ある俳優を長年応援していて

ある舞台でぱっと知名度があがり、新規のファンがついて、そのファンが自分より通えて貢げてって人だとして、もしくは本当に多くのファンが応援してくれるようになったとして、そのことでもうお前なんかいらないって態度をとられないといいなあって思う

最初から必要とされてないとは思うんだけど全てが自己満なんだけど

それでも大切にしてくれたら、っていう幻想を抱いてしまっているから

現実を突きつけないでほしいなって思う

 

 

2016年の8月に書いていた下書き。

 

 

今現在こんな心境で過去の自分が一番怖かったことに直面しています。

もしかしたら被害妄想かもしれなくて、推しは何ひとつ変わっていないのかもしれない。私の受け取り方ひとつなのかもしれません。

でもこう思っちゃう原因って推しにあるじゃないですかー!とも思うわけで。

私が我侭なのかなー。

好き!って気持ちのままでいたかった。何で持続しないんでしょうか。

好きなのに好きじゃないから困る。こんなに好きなのに嫌われてる気がして死にそうになるので、私の方が嫌いって思いこみたくなります。

でもすっごいすきなの!なにこれ!!!!!大好きだよー

 

 

※途中で記事をあげてしまったので重複分を消してしまいました。☆つけて下さった方ごめんなさい。ありがとうございます。

 

雑記

■近況

忙しさに危うく殺されかけました。

怒涛。疲れたー。という気持ちでいっぱいです。

推しに会いに行って癒されて楽しくなりたいのに、今年1年は本当にやきもきというか、満足いかないというか、会いに行っても辛くなることばかりでこんな思いをするなんて思ってもみませんでした。(もちろん楽しいこともたくさんあって、幸せいっぱい感じた日もありました!ただ総合的に見ると。辛い。が多かった)

もっとこう、うまくやれると思っていたし、今でも思っていますが、限界なのかなとも思い始めていて。

自分の生活がいちばんたいせつだから、そこを忘れないようにしたいなって考えてはいるので少し距離をあけようと決めた筈が、色々な事象が重なり物理的に延長戦スタートってかんじで(どういう感じなの)まだもうしばらくおたく続けそうです。来年も宜しくお願いしますって素直にいえないんだけれど、でもやっぱり、宜しくお願いします。

あ、現場はまだ終わっていません。最後の最後までのんびり通います。

 

■舞台の回数

・推し出てないし(出てるのは元推し)、あんまり観てないよー!今回5回!って言うと普通にそれ多いから、ってつっこまれました。え、多いの?まあ多いか。

・全日や全通が私の中で普通で、それは多い方だな、という自覚はあります。

 

■友達の推し

・友達の現場にご招待頂きました。私の周りは余ったチケットだったり、イベントだったりすると友達を無料招待してみんなで行くっていうのが割とよくあって。今回個人イベントにも舞台にもここ1,2カ月結構よんでいただきました。普段推しと好みのミュージカルしか行かないので、こうやって新しい色を取り入れるのは楽しい。

それ以上に友達の推したちが本当に人間が出来ている人過ぎて、一生幸せ感じていました。凄いね。ファンのこと大好きって伝わるのって凄い。こんな人を推せて幸せだと思います。

・推しがありがとうって言ってくれて、ファンもありがとうって伝えられて、お互い思っていることがすれ違うなく届いていて。そういうのが本当に羨ましくなりました。

 

■来年のこと

うーん。決めてない。年明けの舞台は全通する予定だけど、その後の予定は未定です。ちょっと大好きな舞台があるので、それにのんびり行きたいなって思っています。

きっと私がいかなくなったところで推しは何とも思わないだろうし(でもそれってすごく寂しくないですか?なんでなんともおもわないの!?少しくらい、今回はあんまり来てくれないんだなーって思えよ!なんでかなーって考えないの?!!!!)(舞台俳優はファンとの距離が近い分、もう少しくらいファンの事大切に思ってくれてもいいともうの。だめか。贅沢なのか)、少しくらいサボってもいいかなって思っています。行きたくなったら行く!そうしたいです。普通はそうだよね。なんで半ば義務感で通ってしまうんだろう。辛い。

 

■ファンとファンサのこと

今年はびっくりすることに、すごく久々にファンサをする舞台というものに出ていました。ここ1年くらいの傾向として、まあ私は無視されるんだろうな。ファンサというものはくれないんだろうな、って半ばあきらめの境地で、(でも通うんだろうなーみたいなそういうあきらめもあった?なに?この感情。)よくわからないけれど、でも通っていました。

結果、予想と反して結構がんがんファンサ頂きました。

ちゃんと私だって分かっていて、それでもしてくれるのが本当に嬉しくて嬉しくて。だって認知しててもう自分のファンてわかってるのに、釣った魚にエサはやらないタイプなのに、え、餌貰えてる…すごい…。感動しっぱなし笑 本当に幸せで困ってしまいました。もうずっと思い出してにやにやしちゃうの。そんなのめちゃくちゃに久しぶりの事で笑 楽しかったです。幸せでした。

はてブロ読んでいてすっごく共感しかなかったので勝手に引用しちゃいます。

 

大型イベントとオタクについて - it's time to fly again

責任が発生しない好きへのファンサと頑張っている人へのファンサ。本当にその通りでしかなくて。絶対受け取り方違うし、多幸感違う!断言できる!思い入れの分だけ、ファンは推しに幸せにしてもらえるんです!絶対にそう。だからファンのこと大事にしてね。

ただもう推しがファンサ出来る人過ぎて、気付いたらファンも増えました笑 もう、え、こんなことで推し変するんだね、すごい(びっくりしてます)いやそれだけじゃないのかもしれないけれど、全くファンサしない俳優さん推してたファンの人がうちの推しに推し変しているのをみるとなんか、人間って単純だし、この人たちは半年後いるのかな。いないのかもしれないな、みたいな気持ち。私だって明日降りているかもしれないし、何とも言えませんけれど。

応援する人が増えるのはいいことですよね。勿論そう思いますが、今回の事で思ったのは、ジャンルの移り変わりが激しくて、人の入れ替わりも本当に激しいという事。2.5次元舞台もですけれど、2次元の作品のブームも本当に早いな、とはたから見ていると感じます。作品も俳優も使い捨てのようにおいしいとこだけ齧って消えちゃう、てきな。消耗品なのかな。一番目立っているときだけ一緒にいて、気付いたら他の所へ移り変わって。それが悪いとは言わないし、その人の推し方なんだろうけれど、少しでも好きになってくれたのなら、もう少しだけ長い目で見てほしいなとも思ったりします。こんなに移り変わり激しくて、5年後10年後推しはなにをしているんでしょう。何が出来ている俳優になるのかな。

消費されて終わるだけの存在になって欲しくないなと思っています。

 

■クリスマス

仕事かな…

 

■年末年始

帰省…

 

来年の目標を今年書くのを目標にしたいな!あと1記事書きたい!

あと総括。言葉にしてまとめておくと、後から読み返したとき本当にいいなーって思います。気持ちがよみがえる。

いつも散文に☆つけて頂いて本当にうれしいです。

ありがとうございます。

 

ねえええもうーーーーーー

忙しい。

おたくってなんでこんなに忙しいのでしょうか。

おかしくない?1日24時間足りなくない?

働いてる暇なくない?

みんな生きてますか―――――!!!!!!!

気付いたら11月終わるし、もう2018年あと1カ月で、ああ今年ももう終わると感傷に浸る暇もなく、割と限界おたくなので、とりあえず突っ走ってます。

全通→全通→全通っていみわかんなくて泣いてます。おかしい。割とおかしい。なんでこんなに忙しいんだろう。推しくんどうしたの。売れてきたね。私は疲れてきました。

 

舞台ごとに準備するものってたくさんあるじゃないですか。

お花出すんだったらお花屋さんと相談して、小物用意して、作って、花札も作って印刷して、気付いたら明日私にいかなきゃ!とかあるんですよね。時の経過の速さに驚いてます。誰がこんなに早くしろって言った。

しんでしまう。疲れた。眠い。寝させてくれ…

 

仕事して残業してくたくたになって帰ってきて花考えたりして、ちょっともう眠いよ!!!!!っていってたら現場が始まりそうな気がします。時間がない眠い。寝させてくれ…

 

嬉しかったこと

嬉しかったことがありました。

忘れたくないので書いておきます。(身バレしそうで怖いので身内の人は、分かってもないしょね!!!)

推し始めて数年経っているんですけど、私の話になって、推しの話になって○歳からですもんね、って(○歳の時から一緒にいるよねーみたいなニュアンス)あっちからね、推してる時間の事、言ってくれると思わなくて。私は良く手紙に書くんですけどw今日は記念日―!○年目!みたいな(笑)

それがね、ただただ単純に嬉しかったんです。

二人でもう○年経ったんだねってそう言えることも。あのころから変わらず、大好きだっていう事実も。推しはあのころから何も変わらず私の事を許してくれてる(甘やかしてくれてる)ってことも。全部全部嬉しいなーって。

 

 

 

ちゃんとちゃんと、私が一緒にこの数年間追ってきたことって無駄じゃないのかもしれないなって思わせてくれる推しが大好きです。

改めて大好きだなーって思いました。あのね、だいすきだよ!

 

他人からみたら、こんなことでって思うかもしれないけれど、私にとってはとっても幸せな一言だったんです。忘れないように書いておきます。

 

そういえば、って下書きから掘り出してきたものをこのタイミングで供養しておきます。どなたかのはてブロにずらーーーってお題書いてあって、そこから気になったのを書いてたんだと思うんですけど、ごめんなさい。どこから引用したのか分からなくなってます。コメで教えて頂けたら追記しますので!

 

・2年後、5年後、10年後…推し(自分)は何をしてると思うか

■2年後

推し…舞台俳優。多分引っ張りだこ。お忙しいといいな。

…結婚してる。ゆるオタ。たまに観劇する人。 

 

■5年後 

・推し…舞台俳優。自分の方向性見い出していてほしい。どこに強いとか。そういうの。自分の色をちょっと感じ取ってそこを伸ばしてほしいな。

・私…きっと子どもがいて、幸せなお母さんしてます。変わらずたまに観劇する人してたい。子どもつれてきたよーってやりたい。(笑)

 

■10年後

・推し…舞台俳優。確固とした地位を確立するにはきっとまだまだ早いと思うので、5年前に見つけた色がだんだん鮮やかに広がってきている時期ではないでしょうか? 活躍の場を広げつつあって、実力が伴う役者さんになっていてほしい。難しかったら会社員して、彼女さんと結婚してください。笑顔いっぱいの幸せな人生築いていってね。

・私…子どももちょっと大きくなってきて、まだまだ手もかかるけど趣味も充実させたいなーって思っている頃になってたらいいな! 舞台は相変わらずたまに観劇する人をしていたいです。

 

推しが今日もせかいでいちばん幸せでありますよーに。